ギャンブルビジネスのはじめ方

近年、ギャンブル業界は順調に成長しており、ビジネスに参入するオペレーターの数も増えています。ゲームの種類も非常に多様化しており、伝統的なカジノゲームとは異なるものばかりです。

インターネットによって日本人の多くの生活様式が変わったことは明らかですが、この変化によって多くのビジネスモデルも変化し、企業はそれに適応するか取り残されるかといった状況に追い込まれています。

ギャンブルビジネスを始めるための5ステップ

1. プロ仕様のiGamingソフトウェア

これはビジネスの屋台骨になるので、最も重要な決断となります。

多くの日本企業が、オンラインゲームのプラットフォームを立ち上げるためのソフトウェアを提供しています。

プロバイダには2種類あり、ゲームとプラットフォームを開発しているプロバイダと、他のプロバイダの開発したゲームコンテンツをパッケージ化して提供しているプロバイダ(B2B)があります。

このソフトウェアにより、アカウント管理、決済処理、不正対応、マーケティングキャンペーンなど、あらゆる運営管理を行うことができるようになります。

2. オンラインゲームのコンテンツ

ソフトウェアが屋台骨なら、ゲームコンテンツは顔となります。ゲームは日本人を引きつけるためのものであり、プロバイダを選ぶ際のメインとなる要素の1つです。

ゲームの種類は非常に豊富です。ランキングページを見て、各プラットフォームで一番人気のゲームを確認しましょう。ゲームを選ぶ際には予算も影響します。

3. ゲームライセンスを取得する

ライセンスの取得は、様々な条件を満たす必要があるため、簡単ではあっても時間がかかる作業です。オンラインギャンブルを規制している国や、ギャンブルそのものを禁止している国がある一方で、オンラインギャンブルに対する規制が一切ない国もあります。

キュラソー、マルタ、オルダニー島、マン島、ジブラルタルなどにライセンスがありますが、最終的には各国の法律が国際法に優先します。

ゲーミングアクティビティのプロバイダとして、ビジネスの拠点にする国のライセンス申請を行う必要があります。ゲームライセンスの取得は国にもよりますが、数カ月、場合によっては1年かかることもあります。

対応の1つとして、iGamingソフトウェアのフランチャイズに加盟するという手があります。これにより、多くの書類手続きを省くことができます。

4. 決済方法を選ぶ

プレイヤーが簡単にすばやく取引を行えるように、決済システムのプロバイダと契約します。プレイヤーには多様な決済オプションを提供できなければなりません。

そのため、安全に決済が行える多様な決済手段の提供は、ギャンブルサイトには不可欠な要素です。

5. ウェブデザイン

ウェブサイトの外観はとても重要です。ゲームサイトは数多く存在するため、プレイヤーの目を引くような外観にすることが大切です。魅力的なデザインを選びましょう。

また、業界の激しい競争に勝つためには、ゲームを始めようとしているユーザーが検索するキーワードに反応し、Google検索でトップに上がるようにSEO対策に取り組む必要があります。

そのため、日本で顧客を獲得するためには、マーケティングが肝心です。多くの課題に取り組む必要があるのです。

まとめ

ゲームライセンスの取得には、国の法律が重要です。ソフトウェアは安いものではなく、ウェブのメンテナンスも複雑です。だからこそ、業界で成功するためには専属のリソースを用意する必要があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *